ホームページの基礎知識

BLOG

Webサイトの解析ツール、Googleアナリティクスを活用しましょう!

Webサイトの解析ツール、Googleアナリティクスを活用しましょう!
2020年10月23日

幅広いデータの計測や解析を行うのは、今やWebサイト運営に必須といっても過言ではありません。
サイトに、どのようなユーザーが訪れているのか、など、サイト運営の改善に繋がるヒントを得ることができます。

そこで導入しやすい、Googleが提供する無料ツール『Googleアナリティクス』を紹介します。

1

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクス(GA)とは、Googleが提供する基本無料で利用が出来る、非常に高機能なアクセス解析ツールです。
幅広いデータの計測や解析を行い、ユーザーの行動に関するデータが分かります。

計測対象となるWebサイトを、Googleアナリティクスに登録することで導入が可能となります。
導入後は、Googleのサーバーにデータが蓄積され、それをGoogleアナリティクスで計測していくこととなります。

解析により、自社サイトの長所・短所が把握できるため、より良いサイト運営への施策を打つことができます。

2

Googleアナリティクスで、どんなことが分かるのか

Googleアナリティクスでのアクセス解析は、ユーザーの行動を把握することを目的とし、サイトに訪れたユーザー像を可視化します。
可視化することで、以下のようなことが分かるようになります。

【行動データ】「どこの」ページを見ているか
(新規/リピート、来訪経路、閲覧ページ、会員 / 非会員、など)
ユーザーの来訪経路を知ることで、商品の購入などの成果を導くヒントを得ることができます。

【属性データ】「どんな人が」「どれくらい」サイトに訪れているか
(性別、年齢、地域、言語、興味、など)
ユーザーの性別や年齢・地域といったデータを取得することで、自社サイトにどんな人が興味を持っているのかを知ることができます。

【技術環境データ】「どこから」サイトに訪れているか
(デバイス、OS、ネットワーク、解像度、アクセスブラウザ、など)
ユーザーの使用デバイスの割合を把握するために用いられることが多くなっています。
例えば、スマホユーザーが圧倒的に多いのであれば、スマホからの閲覧に最適なコンテンツにすることで、訪問者を増やすことに繋げることができます。

【成果データ】コンバージョン
資料請求や申し込みなどへ繋がったか、など、最終目標を達成することができたか分かります。

Webサイトの解析ツール、Googleアナリティクスを活用しましょう!
3

Googleアナリティクスの設置方法

計測対象となるWebサイトをGoogleアナリティクスに登録すると、トラッキングコードが個別に付与されます。
(トラッキングコードは、Javascriptというプログラミング言語で記述されたコードです。)
そのトラッキングコードをサイト内に埋め込むことで、各種データの計測を開始することができます。

Googleアナリティクスの設置を検討したい場合は、ぜひ、ホームページ制作会社へ相談してみましょう。

まとめ

Googleアナリティクスは、ユーザーのサイト上の行動をはじめ、様々なデータを見ることができます。
サイト運営の改善に繋げることができるので、ぜひ導入を検討してみる価値のあるツールです。

施策の効果をGoogleアナリティクスで分析することで、本質的なサイト改善へと繋げることができるでしょう。

人気の記事ランキング

ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
お電話でのお問い合わせ
0584-73-5123
受付時間 9:00~18:00
ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
メールでのお問い合わせ
info@omakase-pack.jp
ホームページより24時間受付中