ホームページの基礎知識

BLOG

ランディングページとは?

ランディングページとは?
2019年07月02日

ランディングページとは何でしょう?
LP、ランぺとも呼ばれます。
ランディングページについて、分かりやすく説明します。

1

ライティングページの意味は?

ランディングページとは?

ランディングページとは、検索エンジンによる検索結果で表示されるリスティング広告を含む様々な広告やリンクからの飛び先となるページです。
自然検索からは公式サイトへ飛ばし、広告からの飛び先はランディングページとなっている場合が多いです。

また、様々なネット広告やリンクをクリックした際に表示されるWEBページで、一般的に一つの商品やサービスを売るための一枚の長いWEBページです。

ランディングページは『ネットで売り上げを上げるための最重要要素、入り口』であり、使い方によって売り上げが左右されます。

2

ライティングページの特徴

ランディングページの特徴は、見た目に明らかにたくさんの画像を多用している点です。
また、本文だけの1カラムで、縦に長いデザインも特徴的です。

・広告のリンク先になっている。
・画像を多用している。
・本文だけの1カラムで縦長のデザイン。
・商品やサービスの説明が延々と続く。
・入力フォームがある。

3

ライティングページのメリット

ランディングページを作るメリットは、

・特定のユーザに最適化しやすい
 (広告の内容などから流入してくるユーザを制限できるので、それら特定のユーザに最適化しやすい)
・ページ遷移の必要がない
 (特定のユーザが求めている情報を1ページに集約でき、リンク先も少ないため、ページ遷移の際の離脱が少ない)
・費用が安い
 (特定のユーザに対してサイトを最適化するよりも、ランディングページを制作する方が安い)

などが挙げられます。

4

ライティングページの目的

ランディングページとは?

ランディングページの目的は、積極的にコンバージョンの獲得を狙うことです。
コンバージョンとは、『申し込みや問い合わせといった反応のこと』で、この反応を得ることに特化したのがランディングページです。

(ユーザーを着地させたいページという能動的な意味=『ランディング』)

ユーザーは商品やサービスがわからないから問い合わせるのではなく、『価値を感じたから問い合わせ』ます。
だからこそ、ランディングページで価値を伝える必要があるのです。

まとめ

もし、ランディングページの導入を検討されているのであれば、ランディングページの目的や本質を重視した作り方を心掛けましょう。

人気の記事ランキング

ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
お電話でのお問い合わせ
0584-73-5123
受付時間 9:00~18:00
ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
メールでのお問い合わせ
info@omakase-pack.jp
ホームページより24時間受付中