ホームページの基礎知識

BLOG

ホームページを開設するには

ホームページを開設するには
2019年05月20日

ホームページを開設するには事前に準備が必要なことがあります。
必要なものとは何なのか、紹介します。

1

準備①:ドメインを準備します

ホームページを開設するには

ドメインとは、インターネット上での住所のようなもので、上記、『[3] ホームページアドレスについて』で説明をした、ホームページアドレスのことです。

プロバイダの無料ホームページスペースがあり、それを利用する場合、ホームページアドレスは既に用意できている状態となりますが、企業のサイトの場合、長期的な運用を考えるなら、お薦めできません。

ドメインの取得をするメリットは、
・ずっと同じURL(ドメイン)が使える
・専用のメールアドレスが使える
・ドメインは資産になります。
 個人事業や自営業の方であれば、名刺を作ってサイトURLを載せておけばそれだけでPRになりますね。
・独自ドメインのほうがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンから集客するうえでも有利
 (Googleの検索結果では、独自ドメインを高く評価する傾向がある)

ドメインは、他に取得されていなければ、自分の好きな文字を指定できます。
例えば、「好きな文字.jp」「好きな文字.com」などです。

企業のサイトなら、通常ドメインには企業名を使用します。

ただ、初めてホームページを開設する人にとって、ドメイン取得の手続きは難しく手間もかかり、ハードルが高いです。

尚、ドメインを取得すると1年ごとに更新が必要で、更新料がかかります。
更新手続きを忘れて期限を過ぎると、ドメインが失効してしまうので十分に注意しておきましょう。

ドメイン取得も、ホームページ制作会社にホームページ作成を依頼している場合は、制作会社が行ってくれることが殆どです。

既にドメインを持っている場合は、そのドメインを使用してホームページを開設することも可能です。
ホームページ制作会社を利用する場合には、相談してみましょう。

2

準備②:サーバーを準備します

ホームページを開設するには

webサイトはwebサーバーというところにホームページに関するファイルをアップする必要があります。
サーバーとは、ホームページに掲載する画像や文章などのデータを置いておくスペースと考えれば良いでしょう。

webサーバーを準備するには、

・プロバイダの無料ホームページスペースを使う
・格安のレンタルサーバーを借りる

これらが必要となります。

プロバイダの無料スペースは容量が少ないことが殆どです。
ですので、レンタルサーバーで用意するのが一般的です。

3

準備③:ホームページ用のファイルを用意します

ホームページ用のファイルを用意するには、

1.自分で制作する
2.専門業者へ制作を依頼をする

この2択です。

『1.自分で制作する』場合、一通り勉強が必要となります。
これは、ある程度時間を要するでしょう。
メリットは、制作費用は低く抑えることができることです。

『2.専門業者へ制作を依頼をする』場合、内容によりますが自作するより、ホームページの開設までの時間と手間は、かかりません。
それに加えて、専門的に制作をするため、クオリティの良いホームページとなるでしょう。
ただ、費用は、それなりにかかります。
自分の要望にあった、制作会社へお願いしましょう。

4

最終:ホームページをオープンします

準備①~③までの準備ができたら、準備済みのサーバーへホームぺージ用のファイルをアップしましょう。
ブラウザでホームページアドレスを指定しページが表示できていれば、その日からホームページのオープンとなります。

5

ホームページ制作会社へ全てを託す方法があります!

クオリティの良いホームページを開設するまでには、ある程度の専門知識、実績が必要となります。
全ての工程を、ホームページ制作会社へ依頼すると専門的にやってくれますので安心です。

まとめ

ホームページの開設にあたり、どの手段を選択するかは、長い目で見た時の運営方法に適した方法にしましょう。

人気の記事ランキング

ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
お電話でのお問い合わせ
0584-73-5123
受付時間 9:00~18:00
ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
メールでのお問い合わせ
info@omakase-pack.jp
ホームページより24時間受付中