ホームページの基礎知識

BLOG

検索エンジンを理解しよう!

検索エンジンを理解しよう!
2020年01月06日

近年、調べものとする際、スマートフォンやパソコンのインターネットで検索をする方が多いと思います。
なぜ、キーワードを入力しただけで検索結果が表示されるか分かりますか?

調べるだけでなく、自分が作ったコンテンツがあれば、そのコンテンツをたくさんの人に見てもらいたいですよね?
そのためには、検索結果にリンクが表示される必要があります。

そこで、今回は検索エンジンについて分かりやすく説明します。

1

検索エンジンとは?

日本国内の主要な検索エンジンである「Google検索」と「Yahoo!検索」に代表される、インターネット上のさまざまなコンテンツを探すサービスの総称です。
情報を検索するシステムで、特に、インターネット上の情報を検索し、Web上に表示するシステムです。

2

検索エンジンの種類

【ディレクトリ(住所録)型 検索エンジン】

ディレクトリ型の検索エンジン=『Webサイトを探す』

人が良いサイトを集めてカテゴリごとにリストアップするタイプの検索エンジン。
インターネット初期は、ディレクトリ型の検索エンジンが主でした。


【ロボット型 検索エンジン】

ロボット型の検索エンジン=『ページを探す』『コンテンツを探す』

ロボット型検索エンジンには、クローラーというロボットの存在が欠かせません。
クローラーはインターネットを巡回し、見つけたあちこちのページを自然言語処理機能を使って分析し、自然言語に分解して学習します。

クローラーが集めてきたWebサイトの情報を解析して重要度の高いものを判断し、入力されたキーワードを元にインデックスを捜索し、役に立つと思われる順番にページへのリンクを検索結果として表示していきます。

これらはすべて検索エンジンサービスのサーバーで動作しています。

3

現状は、ロボット型検索エンジンが主流!

検索エンジンを理解しよう!

インターネットが一般的になり、存在するサイトやページが多くなったことで、ロボット型の検索エンジンが主になっています。
以前のYahoo!JAPANはディレクトリ型の検索エンジンを採用していましたが、現在はGoogle社が提供する検索技術(、ロボット型の検索エンジン)を採用していることからも理解できますね。
(各社の事業やポリシーにより検索順位には多少違いがあります。)

4

ロボット型検索エンジンに掲載されるには

ロボット型検索エンジンでは、コンテンツがアップされていれば、いずれ巡回され、検索エンジンに掲載される可能性は高いです。

しかし、ただ待つだけでは掲載されるまでに長い時間がかかる場合もあります。
なるべく早く検索エンジンに掲載させたい場合は、巡回をリクエストしてみましょう。
(リクエストから実際に巡回されるまで2~4週間くらいかかります。)

【参考URL】
URL の再クロールを Google にリクエストする
URL:https://support.google.com/webmasters/answer/6065812?hl=ja

Googleのクローラーへの巡回申請( サーチコンソールを用いる方法)
URL:https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url

まとめ

ロボット型検索エンジンは、インターネット生活に欠かせないものとなっています。
コンテンツを多くの人に見てもらうためには、”Yahoo!”や”Google”などの検索エンジンに掲載されることが大切です。
そのためには、ロボット型検索エンジンの仕組みを知っておくと有利です。

よく読まれている記事

関連する投稿は見つかりません。

人気の記事ランキング

ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
お電話でのお問い合わせ
0584-73-5123
受付時間 9:00~18:00
ホームページ制作 / リニューアルをお考えの方
メールでのお問い合わせ
info@omakase-pack.jp
ホームページより24時間受付中